【故事ことわざ】
(き)(しず)かならんと欲(ほっ)すれども風(かぜ)(や)まず 《故》
[出典] 〈韓詩外伝(かんしげでん)・九〉
風に吹かれている木はじっと静かになりたいと思っても、風のほうで吹くのをやめてくれない。ままにならぬことを嘆く言葉。親孝行をしようと思っても、その時まで親は生きていてくれないから、親の生存中に孝養を尽くすように心がけよ、という意。「風樹(ふうじゅ)の嘆(たん)」ともいう。
[原文] 「それ樹(き)静かならんと欲すれども風止(や)まず、子(こ)養わんと欲すれども親待たず」
[類句] 孝行のしたい時分に親はなし


トップへ