【故事ことわざ】
神出鬼没(しんしゅつきぼつ) 《故》
鬼神のように忽(たちま)ち現われたり隠れたりして、所在が容易に量り知れないこと。


トップへ