【出典:全訳読解古語M】
こひ( コイ )【恋】

[名]
(1)目の前にないもの・人・場所などを求め、慕う気持ち。
[例]「明日香川アスカガハ川淀カハヨド去らず立つ霧の思ひ過ぐべき−−にあらなくに」〈万葉・3・325〉
[訳]明日香川のよどんでいる所を離れず立つ霧のようにすぐ消えるような(旧都への)思いの念ではないのだ。
(2)恋愛の感情。
[例]「恨ウラみわび干さぬ袖ソデだにあるものを−−に朽ちなむ名こそ惜しけれ」〈後拾遺・恋4・815〉
[訳]→[和歌]うらみわび…


トップへ