【出典:故事ことわざ】
(まく)があく 《慣》

[注記] 舞台の幕があいて芝居が始められる意から
(1)催しなどが始まる。
「夏の甲子園大会の幕があいた」
(2)今後の展開が期待されるような物事が新たに始まる。
「独立を勝ち得て、新しい時代の幕があいた」
[他動詞] 幕をあける
[類句] 幕が切って落とされる


トップへ