【出典:故事ことわざ】
三余(さんよ) 《故》

[出典] 〈三国志(さんごくし)・魏志(ぎし)・王粛伝(おうしゅくでん)注〉
勉学に最も適当な三つの時期。冬(歳(とし)の余り)・夜(日の余り)・雨(時の余り)。
[原文] 「従い学ぶ者、日無きに苦渇(くかつ)すと云(い)う。遇(ぐう)言う、当(まさ)に三余を以(もっ)てすべし。或(ある)ひと三余の意を問う。遇言う、冬は歳の余り、夜は日の余り、陰雨は時の余りなり〔董遇(とうぐう)に従学する者が、勉強する時間が無いことにひどく苦しんでいます、と言った。董遇が三余の時に勉学すべきだと言うと、ある人が三余の意味を問うたので、董遇は、冬は年の余り、夜は一日の余り、雨天の日は時の余りであると言った〕」


トップへ