【故事ことわざ】
(かい)より始(はじ)めよ 《故》
[出典] 〈戦国策(せんごくさく)・燕策(えんさく)
物事を始める時にはまず手近なことから始めるべきだ。また、まず言い出した人間が率先して始めるべきだ。戦国時代に燕(えん)の国の昭王が、賢者を国に招こうとした時、その臣の郭隗(かくかい)が「王がまことに賢者を招こうとなされるなら、まずこの隗(自分)を優遇してごらんなさい。そうすれば、私よりまさった賢者がたくさん集まって来ますよ」といった故事。もとは、一流の人を求めるなら、まず二流の人から用いて優遇せよ、という意であった。「先(ま)ず隗より始めよ」ともいう。
「部長が『新時代にそなえて幹部の若返りをはかりたい。まず、隗より始めよ、で私がやめる』と言われたのには驚いた」
[原文] 「今王(いまおう)(まこと)に士を致(いた)さんと欲せば、先(ま)ず隗(かい)(よ)り始めよ。隗すら且(か)つ事を見る。況(いわ)んや隗より賢なる者をや。豈(あ)に千里を遠しとせんや」


トップへ