【故事ことわざ】
落花流水(らっかりゅうすい)の情(じょう) 《故》
男女互いに相手を思う心が通じ合うこと。落花に心あれば、流水にも心があってこれを載せて流れて行く、という意。


トップへ