【故事ことわざ】
合従連衡(がっしょうれんこう) 《故》
[出典] 〈史記(しき)・孟子伝(もうしでん)
縦の同盟と横の同盟。「従」は縦、「衡」は横。戦国時代に蘇秦(そしん)が、南北に並んだ趙(ちょう)・魏(ぎ)・韓(かん)・燕(えん)・斉(せい)・楚(そ)の六か国の、縦の連盟を組織して西方の強国の秦に対抗させようとした外交策を合従といい、そののち張儀(ちょうぎ)が六か国を説いて横に秦に服従して、存立を図らせようとした外交策を連衡といった。
[原文] 「天下方(まさ)に合従連衡(がっしょうれんこう)に務め、攻伐(こうばつ)を以(もっ)て賢と為(な)す〔その時、天下のものは、合従連衡のことに努め、攻めたり伐(う)ったりする能力のある者を賢いと考えていた〕」


トップへ