【出典:全訳読解古語M】
くだ-くだ・し

[形シク]
[活用]しから・しく(しかり)・し・しき(しかる)・しけれ・しかれ

(1)こまごまとしている。
[例]「御あかし文ブミなど書きたる心ばへなど、さやうの人は−−・しうわきまへければ」〈源氏・玉鬘〉
[訳]願文ガンモンに書いてある趣旨などは、そのような人はこまごまと詳しく心得ているので。〔注〕「くだくだしう」は、「くだくだしく」のウ音便。
(2)くどくてわずらわしい。
[例]「このほどのこと、−−・しければ、例の書きもらしつ」〈源氏・夕顔〉
[訳]このへんのことは、くどくてわずらわしいので、いつものように省略した。


トップへ