【出典:故事ことわざ】
内股膏薬(うちまたごうやく) 《慣》

[注記] 内股に付けた膏薬は右足に付いたり左足に付いたりすることから
その時々の都合で、無定見・無節操にあちらに従ったりこちらに従ったりして、態度のはっきりしないこと。また、そのような人。
「あの男は内股膏薬だから、当てにはできない」
[類句] 二股(ふたまた)膏薬


トップへ