【出典:故事ことわざ】
優曇華(うどんげ) 《故》

インドの想像上の植物。三千年に一度花が咲き、この花が開く時は、金輪明王(こんりんみょうおう)が出現するという。世にまれなことにたとえる。
盲亀(もうき)の浮木(ふぼく)
[参考] クサカゲロウの卵の産みつけられたものもまた、「優曇華」という。長さ二センチぐらいの白い柄(え)があり、かためて産みつけられた様子が、花が咲いているように見えるので、「うどんげの花」といわれる。吉兆または凶兆とされる。


トップへ