【出典:全訳読解古語M】
う-しん【有心】


(一)[名・形動ナリ]
思慮深いこと。分別があること。
[例]「いと−−・に、引き入りたる覚え、はたなければ」〈枕・里にまかでたるに〉
[訳](私には)とても思慮深く隠していることに心当たりが、およそないので。
(二)[名]

(1)趣向をこらすこと。
[例]「あまり−−すぎて、しそこなふな」〈枕・小白河といふところは〉
[訳]あまり趣向をこらしすぎて失敗するな。
(2)(狂歌を「無心」というのに対して)和歌。
(3)「有心連歌」の略。


トップへ