【出典:全訳読解古語M】
うべな-うべな【宜な宜な】

[副](副詞「うべ」+詠嘆の終助詞「な」)実にもっともなことで。なるほどなるほど。
[例]「やすみしし我が大君は−−我を問はすな秋津島アキヅシマヤマトの国に雁カリむと我は聞かず」〈紀・仁徳〉
[訳](やすみしし)わが天皇は、なるほどなるほど私にお尋ねになるのですね。(秋津島)大和の国で雁が卵を産むとは私は聞いたことがない。〔注〕「やすみしし」は「我が大君」の、「秋津島」は「倭」の枕詞。


トップへ