【出典:故事ことわざ】
明日(あす)ありと思(おも)う心(こころ)の仇桜(あだざくら) 《故》

[出典] 〈親鸞上人絵詞伝(しんらんしょうにんえことばでん)
桜は明日もまだ美しく咲いているだろうと安心していると、その夜中に強い風が吹いて散ってしまうかもしれない。人生もそれと同じで、明日はどうなるかわからないから、頼みにしてはいけない、という世の無常を説いた戒め。
[参考] 下の句は「夜半(よわ)に嵐(あらし)の吹かぬものかは」。親鸞上人(しんらんしょうにん)の作といわれる和歌。


トップへ