【出典:故事ことわざ】
窮鳥(きゅうちょう)(ふところ)に入(い)れば猟師(りょうし)も殺(ころ)さず 《故》

[出典] 〈顔氏家訓(がんしかくん)・省事(しょうじ)
追い詰められて逃げ場を失った鳥が、猟師の懐に飛び込んでくれば、猟師でさえ殺しはしない。まして、逃げ場を失った人が来て救いを求めれば、どんな事情があったとしても助けるものである、という意。
[原文] 「窮鳥(きゅうちょう)(ふところ)に入(い)れば、仁人(じんじん)の憫(あわれ)む所なり、況(いわ)んや死士(しし)(われ)に帰す、当(まさ)にこれを棄(す)つべけんや〔追いつめられた鳥が、ふところの中に飛び込んでくれば、情けある人ならば哀れに思う。まして命がけの男が自分に助けを求めてきたならば、知らぬ顔ができようか〕」


トップへ